PEEPINGEYESで生挿入中出しの無修正盗撮動画

PEEPINGEYESで生挿入中出しの無修正盗撮動画

「・・いい・・二人の前で・・アタシに入れて・・欲しい・・・ね?PEEPINGEYES・・」1919gogoは口を開いて舌を伸ばし、その上で握ったチンチンの亀頭を擦るように刺激していた。「じゃあ、二人に見ててくれるようにお願いしてごらん」1919gogoは顔の前で私のチンチンを握り、何度かチンチンにキスをしてから「・・これからアタシのオマンコに・・PEEPINGEYESのオチンチン、入れてもらうの・・・見ててください・・・」と、言われた通りに1919gogoは二人に言った。「ガマン出来ないんです・・・もう・・欲しくて・・・中で・・・中に・・欲しいんです・・PEEPINGEYESの・・おチンポと精子・・・アタシの中に・・」さっきまでアナル3連続で射精させたことが信じられないくらいの性欲だと思った。1919gogoは自分から私のチンチンを欲しがり、私を欲情させるようにフェラ、オナニーを披露し、それを二人の傍観者に見せつけている。1919gogoの性欲はどんどん深みに進んでいるように思えた。そして、私は1919gogoに入れた。1919gogoを仰向けに寝かせ、チンチンで膣内を抉るように突き上げた。1919gogoのマンコは汁が溢れていて中は熱く、うねるように締め付けていた。何度も亀頭が膣奥にめりこみ、子宮口を亀頭で弾くような感覚があった。カリがマンコの入り口裏にひっかかる感覚があり、1919gogoの膣の入り口は私のチンチンに吸い付くように何度も締め付けていた。私は、ジュブジュブに汁が溢れている熱い膣壁を感じながら、抜く度にマンコの締め付けを感じた。すごく気持ちのいいSEXだった。ピストンするたびにブジュ・・ブジュ・・とヤラシイ音がした。アナルから溢れる精液がマンコに流れ込み、動かすたびにベタベタしてきていた。私は、正常位で挿入しながら精子臭い1919gogoの口に何度も舌を押し込み、1919gogoはそれに応えるように私の舌に自分の舌を絡めた。「はぁ、はぁ・・気持ちいい・・すご・・すごいよ・・・アタシ・・すごい・・気持ちいいの・・」1919gogoは先ほどまでの叫ぶような声とは違い、静かに、しかし確実に私のチンチンで感じていた。息は荒く、腰を波打たせてチンチンの動きを味わうようにマンコを締め付けた。アナルから噴き出す精液の匂いが私の鼻をつき、べちょんべちょん・・と私の腰の動きに合わせて音を立てていた。「気持ちいい・・・すごぃ・・あんあっ!気持ちいい!!!もっとちょうだい!!もっと!!もっとぉ!!!・・・・止めないでぇ!!!あんっ!!!・・・はぁはぁ・・はぁ・・出して・・PEEPINGEYESの・・精子・・オマンコの中に出して・・いっぱい・・いっぱい・・アタシのオマンコ、PEEPINGEYESの精子で・・たくさんにして・・・ああ・・は・・ははぁ・・はぁ・・はぁーーー!!!」私は1919gogoの膣の奥に亀頭を押しつけ、膣奥が変形するのを感じながら、「出すよ・・出すよ・・」と1919gogoの膣の中に射精した。精液を膣にぶちまけるように激しく押しつけながら射精した。チンチンの周囲に小便を漏らしたかのようなジワっとした熱さを感じた。射精のその瞬間、1919gogoは「ああ・・あ・・ア・・・」と言葉にならない声を出し、背中を仰け反らせ、口角からヨダレの泡を噴き出し、「あ・・あ・・熱い・・・気持ちいい・・いい・・・」とガクガクと全身を震わせて、カラダを仰け反らせながらイッた。女性が意識を飛ばすほど激しくいったのを見たのは、これが初めてだった。