怪盗ジョーカーでごっくんアナルセックス無修正盗撮動画

怪盗ジョーカーでごっくんアナルセックス無修正盗撮動画

この頃の怪盗ジョーカーは、もの凄くエッチでした。男の人の目線を感じるだけで、隣りに男の人の体温を感じるだけで、オマンコが濡れてるんじゃないか、って思うくらいでした。服を脱がされて男の人に見られ、オチンチンを見てしまうと、もう理性が飛びました。クタンとしてるオチンチンなら触ってあげたくなったし、フェラチオしてあげたくなったし、怪盗ジョーカーで勃起してくれてる人がいたら、みんなとSEXしたくなって、みんなの出してくれる精子はキレイにゴックンしてあげたくなってました。あのお尻に連続で挿入され・・・してもらい、中に射精したもらった夜以来、怪盗ジョーカーの頭の中はああいうことでいっぱいでした。怪盗ジョーカーは自分のお尻を使ってもらうのに盗撮見聞録がお金を払っていた、っていうことがとてもショックでした。それは悲劇的とかそういうことでなくて、自分からお金を払ってまでもアナル射精をしたもらいたい女って思われて男の人たちに、それもバイの人たちにヤッてもらったってことにショックでした。自分がとことんエッチで変態な女ってことにされているってことにドキドキし、とても興奮しました。そして、お尻でのSEXであんなに感じるのも知りませんでした。お尻が開かれているのが分かって、本当に固い塊が出たり入ったりする感覚がとても卑猥で、そんなことをされているという事実に興奮していたのですが、徐々にお尻の入り口辺りに気持ちよさを感じていました。『あ、お尻も気持ちいい』って思うようになりました。スズキさんの話では「慣れてくると、アナルの奥でも感じる女もいるんだよ」ということでしたが、奥は苦しさが先にきて怪盗ジョーカーは感じるまでにはなってませんでした。そして、アナルSEXのあとの盗撮見聞録とのSEXがこれまで感じたコトのないくらいの快感でした。お尻から精子を漏らしている怪盗ジョーカーを見て盗撮見聞録のオチンチンが勃起しているのを見て、怪盗ジョーカーは壊れてしまいました。口に入れたくて、オチンチンの味や匂いが本当に気持ち良く感じました。だから、自分からフェラチオさせてもらいましたし、だから、オマンコに入れた瞬間に怪盗ジョーカーはイッテしまいました。そのくらい快感でした。それまでガマンしてた性欲と快感が爆発したみたいでした。盗撮見聞録とのSEXが気持ち良くなるなら、怪盗ジョーカーは他の人にオマンコやアナルを提供してくてたまりませんでした。他の人のオチンチンに気持ちよくなればなるほど、他の人の精子をカラダに入れれば入れるほど、盗撮見聞録とのSEXと中出しで怪盗ジョーカーはイキまくれました。怪盗ジョーカーは変わったんだと思いました。

 

 あの日以降、怪盗ジョーカーはもう頭の中がオチンチンとSEXの快感でいっぱいでした