1919gogoのお風呂盗撮無修正動画

1919gogoのお風呂盗撮無修正動画

5人を部屋から送り出し、一人でシャワーを浴びているときに思いました。『のぞきザムライ・・精子の匂いとか味が大丈夫なだけかと思ってた・・・でももしかしたら、好きなのかな・・・男の人の汗の匂いが好きって人いるし・・』そんな風に考えてから『もっと色んな人の精子をこれからも飲んだりするんだろうな・・・』って思うと、ドキドキしました。『盗撮のはもちろん・・・他の人のオチンチンや精子・・もっと感じたいかもしれない・・』と考えると、やっぱり自分が普通の女の子じゃない気がしてきました。そして、のぞきザムライはシャワーを浴びながらオナニーしてしまいました。このサークルもそうですが、ヤマザキさんのハプバーに来る人も、サトーさんのホテルに来る人も、のぞきザムライが勤めてたソープも、結局『ヤリに』くるんだと思います。普通、SEXするまでには、手を繋いだり、キスをしたり、ヤキモチ妬いたり、恋愛感情が絡んでくるし、いざSEXになっても『相手に嫌われないかな』とか余計なことを考えてしまうんですが、『ヤリ』にだけ来る人はそういう面倒なことを省いて、ただ自分の性欲をストレートに出すんだな、とか思いましたし、のぞきザムライ自身もそういうストレートな男の人に使われることをイヤと思ってないんだから、結果としてはのぞきザムライもマニアな『ヤリタイ』というか『ヤラレタイ』だけの女に見えてるんだろうな、って思いました。そして、のぞきザムライはオナニーしながら妄想しました。色々な男の人に輪姦されて、カラダの穴全部にオチンチンを突っ込まれて、精子を注入されている自分を・・・。

 

 シャワーを出ると、部屋に盗撮とヤマザキさんがいました。「お疲れ!どうだった?初日?」ヤマザキさんでした。「はい・・・大丈夫です。」「興奮したろ?」「・・・え?・・はい・」「すげー、エロかったもんな、な?盗撮?」「あぁ、すごかったよ。」盗撮はそう言ってくれました。そして、「じゃあ、約束通りにしよう。そこで裸になって、自分でオナニーしながら懇願してごらん。オレとヤマザキで犯してあげるから」「はい・・」のぞきザムライは言う通りにしました。そして、この日のご褒美として、ヤマザキさんと盗撮と3Pしました。「さっきの男のチンポの形を覚えてるマンコに、オレのチンポぶちこんでやるよ」仰向けになったヤマザキさんにアナルを入れられたまま足を開いて、正常位で盗撮にオマンコを開きました。「んは・・あう・・はふ・・はうっぅ・・」お腹の下のほうがいっぱいで苦しい感じが、使われている感じを煽って、のぞきザムライは激しく声を出してしまいました。